食洗器や宅配ボックスも対象!次世代住宅ポイント制度の「家事負担軽減に関する設備」について解説!

次世代住宅ポイント制度は、リフォームの場合も申請可能! その対象となる工事項目の中でも、注目を集めているのが「家事負担軽減に関する設備」です。

簡単にいうと、家事を楽にするための設備を導入するためのリフォームでも今回の制度に申請できるという、忙しい現代人に寄り添った嬉しい項目。具体的には、下記の設備が対象となります。





〇ビルトイン食器洗機→18,000ポイント/戸

〇掃除しやすいレンジフード→9,000ポイント/戸

〇ビルトイン自動調理対応コンロ→12,000ポイント/戸

〇浴室乾燥機→18,000ポイント/戸

〇掃除しやすいトイレ※1→18,000ポイント/戸

〇宅配ボックス(住戸専用)→10,000ポイント/戸

〇宅配ボックス(住戸専用以外の場合)→10,000ポイント/ボックス





これらについては、各項目に対象商品が決められており、国土交通省の「次世代住宅ポイント」公式サイト( https://www.jisedai-points.jp )から検索することが可能。



国内の大手製造メーカーから海外製品の輸入代理店まで、幅広く対象となっているので、みなさんのチョイスした製品も含まれる可能性大!

ぜひチェックしてみてくださいね。